外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は28日、イスラム教徒の少数民族ロヒンギャが迫害され、難民となって国外へ逃れる危機が始まって約1年が経過したミャンマー情勢を協議した。グテレス事務総長や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)親善大使の女優ケイト・ブランシェットさんらが、ロヒンギャへの支援を訴えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信