ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

国連人権理決議にミャンマー反発

 【バンコク共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害を非難した国連人権理事会の決議について、ミャンマーの政府系新聞は7日、同国の主権を侵害し、十分な証拠のない主張が含まれているとして「分裂や分断、対立を引き起こす」と反発する政府当局者の声明を報じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。