外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北朝鮮による人権侵害の実態を把握するため国連人権理事会が新設した調査委員会の委員長らが、今月下旬に日本を訪問することが分かった。日本人拉致問題に関する情報収集が目的で、27日前後から数日間の日程で調整している。拉致被害者家族会のメンバーと面会するほか、安倍晋三首相とも会談する見通しだ。複数の政府筋が6日、明らかにした。調査委は日本政府などが提起し、今年3月に人権理が設置を決めた。

共同通信