外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連総会第3委員会(人権)は27日、北朝鮮に対し人権抑圧を直ちにやめ、拉致問題を解決するよう求める決議案を無投票の全会一致で採択した。同種決議は8年連続だが無投票は初めて。特定国の人権状況に懸念を示す決議が無投票で採択されるのは極めて異例だ。通常北朝鮮や中国からある投票要求が今回はなく、議長が無投票採択とした。詳しい経緯は明らかになっていない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信