外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク、ソウル共同】北朝鮮制裁の実施状況を点検する国連安全保障理事会の定期会合が29日開かれ、北朝鮮による韓国・延坪島砲撃やウラン濃縮施設建設に対する非難や懸念の声が相次いだ。11月の安保理議長国、英国の国連大使が記者団に明らかにした。朝鮮半島西方の黄海では30日、原子力空母ジョージ・ワシントンを投入した米韓合同軍事演習が3日目に入り、実戦さながらの訓練が行われた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信