外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連職員の人事トラブルなどを仲裁する「国連不服審判所」は21日までに、国連コソボ暫定統治機構(UNMIK)の不正を内部告発した幹部をUNMIKが拘束、家宅捜索したのは世界人権宣言に反し不当として、国連側に6万5千ドル(約620万円)の賠償を命じる決定を出した。訴えていたのはUNMIK幹部だった米国人ジェームズ・ワサーストロム氏。同氏は約320万ドルの支払いを求めていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信