外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】北朝鮮にある国連各機関の事務所が、核実験などを受けて実施された各国の個別金融制裁の影響で銀行送金を受けられなくなり、機関によっては9月にも資金が枯渇することが15日分かった。既に人道支援活動を縮小、国連は送金が可能になるよう米国と協議している。国連北朝鮮事務所の代表に当たるイサクザイ常駐調整官が共同通信の単独取材に応じ明らかにした。

共同通信