外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ、テヘラン共同】フランスのオランド大統領は19日、ニューヨークで24日から始まる国連総会一般討論の機会を利用し、シリア情勢を協議するためイランのロウハニ大統領と会談する計画があると述べた。フランス公共ラジオが報じた。会談が実現すれば、オランド氏はイラン新大統領と会談する初の欧米首脳となる。ロウハニ師が、核問題をめぐる欧米との対立に転機をもたらすことができるのかを占う会談となりそうだ。

共同通信