外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連総会(193カ国)本会議は19日、北朝鮮に対し拷問や政治犯拘束などの人権侵害をやめ、拉致被害者の即時帰国を求める決議を採択した。同様の決議採択は7年連続で、賛成は過去最多の123。反対は北朝鮮、中国など16、棄権は51。採択は金正日総書記の死去前から予定されていた。対北朝鮮決議は拉致問題に「極めて深刻な懸念」を表明、国内での思想、表現の自由に対する制限の改善を求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信