外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】シリアの首都ダマスカス近郊で化学兵器攻撃により多数の市民が死亡したとされる疑惑で、シリア外務省は25日、国連調査団が直ちに現場に立ち入ることを認めるとする声明を出した。シリア国営テレビなどが報じた。ロイター通信によると、国連は同日、シリア入りしている調査団が26日に現場入りする予定だと発表した。アサド政権は化学兵器使用を強く否定し、反体制派側が使用したと主張。

共同通信