外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は20日、米軍普天間飛行場移設問題などを扱うアジア・太平洋安全保障問題担当の国防次官補として、マーク・リッパート前国家安全保障会議(NSC)首席補佐官を指名。リッパート氏は2008年の大統領選で、当時上院議員だったオバマ氏の外交顧問を務め、09年の政権発足後にNSC入りした大統領側近。今春まで国防次官補を務めた知日派グレグソン氏の後任となる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信