外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国防総省のリトル報道官は28日、日本政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に向けた環境影響評価(アセスメント)の評価書を沖縄県へ提出したことを「意義深い進展だ」とし、「パネッタ国防長官は歓迎している」とする声明を発表した。報道官は「日本政府による前進の努力に感謝している」と表明。公有水面埋め立て許可を県知事から得ることが「次の段階」だとした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信