外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ダマスカス共同】オランダ・ハーグの化学兵器禁止機関(OPCW)の査察団が1日、シリア入りし、国連安全保障理事会決議に基づくシリアの化学兵器廃棄に向けた国際査察活動が始まった。来年半ばの全廃を目指す。シリア問題をめぐり大きく分裂してきた国際社会は化学兵器廃棄で初めて結束し、悪化の一途をたどってきたシリア内戦の転機となる可能性が出てきた。

共同通信