外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)からロシア選手のリオデジャネイロ五輪参加可否を巡る判断を委ねられた国際競技連盟(IF)は、8月5日の開幕に向けて本格的な手続きに着手した。24日には国際テニス連盟(ITF)がロシア8選手の参加を容認。25日にはアーチェリーの3選手の出場が認められ、体操も参加に向けて動きだした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信