外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は、国際結婚が破綻した後の子どもの扱いを定めたハーグ条約に基づく親子の面会交流支援で、インターネットを通じてパソコンやスマートフォンで画面を見ながら会話できる「ウェブ面会」の導入を決めた。実際に会うより金銭面や精神面での負担が少なく、面会の機会を増やせると判断。システム構築を6月に終え、秋から運用を始める。政府関係者が26日、明らかにした。

共同通信