外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 肺がん治療薬「イレッサ」をめぐり、死亡した患者3人の遺族計4人が国と輸入販売元の製薬会社アストラゼネカ(大阪市)に計7700万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(園尾隆司裁判長)は15日、国とア社の責任を認めて患者2人の遺族に計1760万円を支払うよう命じた一審東京地裁判決を取り消し、請求を棄却した。副作用の間質性肺炎に関する注意喚起で、国の行政指導が十分だったかが主な争点だった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信