外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅義偉官房長官と沖縄県の翁長雄志知事は12日午後、県庁で会談し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題をめぐる国と県の集中協議をスタートさせた。双方は日米合意に基づく名護市辺野古移設計画への賛否で譲らず、議論の出発点で認識の違いが鮮明になった。協議開始直前に沖縄本島沖で米軍ヘリコプターが墜落し、翁長氏は憂慮の念を示した。菅氏は会談後「互いに大きな距離感があった」と記者団に説明した。

共同通信