ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

園田監督の留任明言

 全日本柔道連盟(全柔連)の上村春樹会長は30日、東京都文京区の講道館で記者会見し、暴力とパワーハラスメントで女子代表選手らから告発された園田隆二監督について「本人もたたいたり、蹴ったりしたことは深く反省している。未熟さゆえのこと」と述べた。同監督の留任を明言したが、今後の調査次第では新たな処分を科す意向も示した。全柔連は問題発生後、選手の相談窓口として「強化支援ステーション」を設置したという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。