外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大相撲名古屋場所開幕前日の10日、15日間の安泰を祈願する恒例の土俵祭りが愛知県体育館で行われ、野球賭博問題の謝罪の意味も込めて横綱白鵬関をはじめ十両以上の力士や親方、行司や呼び出し、床山ら約200人が参加した。親方や力士らは、冒頭で土俵へ向かって一礼。最後は村山弘義理事長代行(元東京高検検事長)が「協会にとって、この名古屋場所が新しく生まれ変わるスタートです」などと訓示を述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信