外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 25日は「土用の丑の日」。値段の高止まりが続いたウナギも、今年は少し安く味わえるかもしれない。稚魚(シラスウナギ)の国内漁獲量が3シーズンぶりに増加し、取引価格が下落したためだ。乱獲などによる資源枯渇の危機は待ったなし。各地の自治体は産卵を控えた成魚の保護規制を導入している。「資源回復にすぐ結び付かなくても、できることは何でもする」と、手探りの対策が続く。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信