外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省は1日、被爆者援護法に基づき在外被爆者にも医療費を支給するべきだとした大阪地裁判決を踏まえ、援護法と別に医療費を助成する制度の助成上限を引き上げる方針を決めた。年内をめどに整備する。田村憲久厚労相が記者会見で明らかにした。

共同通信