ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

在日男性のスパイ冤罪で賠償命令

 【ソウル共同】韓国で「北朝鮮スパイ」の嫌疑をでっち上げられ約15年間服役し、昨年9月に冤罪として再審で無罪が確定した在日韓国人の男性や家族が韓国政府に損害賠償を求めた訴訟で、ソウル中央地裁は4日までに約29億ウォン(約2億7千万円)の支払いを命じる判決を言い渡した。関係者が明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。