外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛省は30日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に関し、米側との調達契約が2019年度の予算成立以降になると明らかにした。1基目の配備までに契約締結後、約6年かかると米側は説明しており、日本政府が目指す23年度の運用開始は遅れる可能性が出てきた。小野寺五典防衛相は「少しでも前倒しできるよう努力したい」と述べ、米側と交渉する考えを示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信