外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発の汚染水が海に流出している問題で、茂木敏充経済産業相は8日、政府の汚染水処理対策委員会(委員長・大西有三京都大名誉教授)の会議で、敷地内でくみ上げた地下水を海に放出することを含め、今後の対策の進め方を検討するよう求めた。委員会は9月中に具体的な対策を取りまとめる。茂木経産相は会議の冒頭「汚染水の海への流出が明らかになった現状は極めて深刻だ」と指摘。

共同通信