外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シンガポール共同】カーター米国防長官は2日、元海兵隊員の軍属が逮捕された沖縄の女性遺棄事件を受け「日米地位協定の運用改善の是非を検討している」と表明した。駐留米軍に対する沖縄県民の根強い反発にできる限りの配慮を示すことで、日米両政府が推進する米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画への影響を最小限に抑える狙いとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信