外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 地方自治体が管理する道路橋で老朽化や災害により補修が必要なのは全国に6万8800カ所あり、4月時点でこのうち85%に当たる5万8758カ所で補修が終わっていないことが2日、分かった。未補修の橋は昨年の89%から4ポイント減ったが、財政難や技術職員不足により依然として対応が遅れている現状が浮き彫りになった。長さ15メートル以上の橋約14万4千カ所について、補修状況を国土交通省が集計した。

共同通信