外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 有罪判決の執行猶予期間中に自転車を持ち去ったとして、占有離脱物横領罪に問われた男性被告(76)の公判が21日、千葉地裁(蔵本匡成裁判官)であり、検察側は懲役10月を求刑した上で、知的障害などを理由に保護観察付きの執行猶予を求めた。執行猶予中に起訴された被告に、検察側が再び執行猶予を求めたケースは極めて珍しい。検察側は「受け入れ先の養護老人ホームが決まり、福祉や行政の協力が得られる」と理由を説明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信