外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 熊本、大分両県を中心とした地震で、被災地でのボランティアの活動が本格化した。22日は避難者が約5万人と最も多い熊本市も受け付けを開始、約700人の志願者が列を作った。甚大な被害のあった熊本県益城町では、受け付けが始まった21日は激しい雨でボランティアの動きが制限されたが、22日は被災者への炊き出しなど活動内容を広げて展開。「少しでも役に立ちたい」と各地で人々が汗を流した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信