外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 南海トラフ巨大地震の対策強化を話し合う中央防災会議の有識者会議は3日、巨大地震の前兆現象が確認できた場合は、数日以内の発生確率を示し、住民に避難を促すことを検討するべきだとの見解を示した。政府が東海地震に備えて策定した大規模地震対策特別措置法(大震法)は、南海トラフ巨大地震にそのまま適用できないとした。

共同通信