外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は24日、2012年度の業務評価リポートを発表した。適切な緊急地震速報を発表できた割合は79%で、東日本大震災の余震のため56%に落ち込んだ11年度から向上し、震災前の水準に戻った。震度4以上と、緊急地震速報で震度4以上を予想した地震のうち、実際の揺れと予想の誤差が震度階級1以下だった地域を適切とした。15年度には85%以上を目指しており「目標に向けて大いに進展」とした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信