外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 奈良国立文化財研究所(現奈良文化財研究所)所長を務め、発掘体制の確立など文化財保護行政と研究の両面に尽力した坪井清足(つぼい・きよたり)氏が7日、急性心不全のため大阪市の病院で死去した。94歳。大阪市生まれ。後日、お別れの会を開く予定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信