外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省が2日発表した5月の毎月勤労統計調査(速報)によると、基本給などの所定内給与は前年同月比0・2%減の24万1691円と、12カ月連続で減少した。就業形態別で見ると、フルタイムで働く一般労働者とパートタイム労働者の所定内給与はいずれも増加したが、一般労働者に比べ給与水準の低いパート労働者の割合が増えたため、全体平均を押し下げた。

共同通信