外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 24日午前9時20分ごろ、埼玉県秩父市荒川白久の林道工事現場で、斜面が崩落し、作業中の建設会社の男性3人が一時生き埋めとなった。秩父署によると、消防などがこのうち2人を救出したが、大野哲史さん(32)の死亡が確認された。46歳の男性はドクターヘリで運ばれたが、意識があるもよう。残る男性(22)は自力で脱出し、軽傷とみられる。当時は4人で作業していた。同署が原因を調べている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信