外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は3日、埼玉県越谷市と千葉県野田市などで2日発生した竜巻被害は、突風の強さを6段階で示す「藤田スケール」で強い方から4番目の「F2」と判断した。現地調査で屋根が飛散した住宅が複数あったのを確認したため。気象庁によると、被害範囲はさいたま市から茨城県坂東市にかかる長さ約19キロ、幅100~200メートル。竜巻をもたらすことが多い積乱雲「スーパーセル」の発生も確認した。

共同通信