外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日米両政府は8日、米軍基地キャンプ・ハンセン敷地内の米軍ヘリコプター墜落事故を受け、外務・防衛局長級協議を防衛省内で開いた。日本政府は沖縄県内で安全性への懸念が広がっている現状を踏まえ、再発防止策の速やかな策定を求めたとみられる。事故をめぐり日本政府は、対応を誤れば沖縄の反発を招き、米軍新型輸送機オスプレイの追加配備や、米軍普天間飛行場の沖縄県内移設計画に支障が出かねないとの危機感を抱いている。

共同通信