外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都調布市の住宅街に小型プロペラ機が墜落し8人が死傷した事故で、墜落現場の3軒隣にある住宅のアンテナに接触したのは、機体の左翼部分だったことが29日、捜査関係者への取材で分かった。墜落する際の目撃があり、小型機の塗料がアンテナに付着していた。警視庁調布署捜査本部は墜落状況を解明する手掛かりとみている。

共同通信