外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都調布市の住宅街に小型プロペラ機が墜落し8人が死傷した事故で、小型機は数時間飛行できるだけの燃料を積載していたことが27日、関係者への取材で分かった。小型機は離陸直後に墜落しており、警視庁調布署捜査本部は残燃料が多かったために一気に激しく炎上したとみて、事故原因を調べている。

共同通信