ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

壁面緑化施工面積が過去最大

 ビルなどの側壁を植物で覆う壁面緑化の新たな施工面積が、2011年の1年間で少なくともサッカー場12面以上に相当する約8・9ヘクタール(511件)となり、調査を始めた2000年以降で最大だったことが20日までの国土交通省の調べで分かった。00年以降の全国累計では48・4ヘクタールとなった。壁面緑化は、日光の照り返しを抑え、植物から排出される水分で周囲の気温を下げる効果がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。