外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球西武などで主に救援投手として活躍し、通算606試合に登板した永射保(ながい・たもつ)氏が24日午前、がんのため福岡県久留米市の病院で死去した。63歳。鹿児島県出身。葬儀・告別式は26日正午から福岡県久留米市野中町865、久留米草苑で。喪主は妻累理子(るりこ)さん。

共同通信