外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本脳炎の予防接種後に、けいれんや運動障害などの症状が出る脳神経系の病気「急性散在性脳脊髄炎(ADEM)」を発症したとの報告が2011年度以降、今年6月までの間に少なくとも計9件あることが28日、厚生労働省などへの取材で分かった。日本脳炎ワクチンをめぐっては厚労省が05年、ADEMの重症例との因果関係が認められるとして接種の積極的な勧奨を中止。製造方法を変更した現行ワクチンが09年に承認された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信