外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 競馬での所得を申告せず、2009年までの3年間に計約5億7千万円を脱税したとして、大阪地検が所得税法違反の罪で会社員の男を在宅起訴していたことが29日、分かった。大阪地検は当たり馬券購入費だけを必要経費と認めたが、弁護側は「外れた馬券の購入費27億4千万円も経費に算入すべきだ」と主張。男が得た正味の利益は約1億4千万円で、19日の初公判で「一生かかっても払えない税金を負うため、申告できなかった」。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信