外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 外務省がまとめた2013年版外交青書の原案が27日、分かった。12年9月の沖縄県・尖閣諸島国有化を機に領海侵入を繰り返す中国の動向に触れ、直面する安全保障問題として「領土・領海・領空に対する脅威」を挙げたのが特徴だ。新型天然ガス「シェールガス」の獲得へ、戦略的なエネルギー外交を展開する方向性を鮮明にした。岸田文雄外相が4月5日の閣議に報告する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信