外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 岡田外相は20日、インドとの原子力協定交渉について「核実験を行った場合に日本としては当然認めがたい」と述べ、核実験を実施すれば協力を停止する規定の盛り込みを目指す方針を表明した。岡田氏はインド外相との「戦略対話」で、日本側の姿勢を直接伝える考え。核拡散防止条約未加盟のまま核兵器開発を続けるインドとの協定には広島、長崎両市など国内で批判が根強い。インド側の反発も予想され、交渉は難航必至だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信