外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 岡田克也外相は15日午後、就任後初めて沖縄県を訪問し、仲井真弘多知事らと会談した。外相は米軍普天間飛行場の移設問題について「基本的には国が判断しなければならない。名護市民一人一人に成否を問うような形はあってはならない」と述べ、来年1月の名護市長選結果を判断材料にするのは望ましくないとの考えを示した。知事は「一日も早い移設の実現をお願いしたい」と迅速な対応を迫った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信