外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 世界の主要34カ国でつくる経済協力開発機構(OECD)は19日、米国に本拠地があるスターバックスやアップルなどの多国籍企業を想定し、税率の低い国に利益を移して課税を逃れるのを阻止する共通ルールづくりで合意し、15項目の行動計画を発表した。新興国と連携して国際的な課税回避の防止へ動きだす。モスクワで開催の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に20日に報告し、各国の支持を取り付ける。

共同通信