外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「大暑」を迎えた日本列島は23日午後も、北日本の一部を除き夏空が広がって気温がぐんぐん上昇。岐阜県の多治見と三重県の桑名、群馬県の館林の3地点で最高気温38・9度を記録した。埼玉、愛知、三重の各県で男女計6人が死亡。熱中症が原因とみられる。気象庁によると、桑名など1都4県の計6地点で、気温が7月として観測史上最高(過去タイ含む)を記録した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信