日銀が1日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)は、景況感を示す大企業製造業の業況判断指数(DI)が前回の昨年12月調査から6ポイント大幅下落のプラス6となり、2四半期ぶりに悪化した。中国など新興国経済の失速に加え年明け後の円高株安が響いた。消費低迷も続き、非製造業や中小企業にも悪化が広がった。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。