外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福岡市埋蔵文化財調査課は22日、同市西区の元岡古墳群(7世紀中ごろ)で出土した大刀の銘文の象眼に金が使われていたことが判明したと発表した。銘文には西暦570年を示すとみられる「庚寅」など19文字があり、最古の暦実用例とされている。市によると、古墳から出土した刀剣に金象眼が見つかったのは3例目。調査担当者は「貴重な金属を使っていることから極めて重要な大刀で、古墳も歴史的に大きな意味を持つ」と説明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信