ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

大分大医学部でまた論文不正か

 大分大医学部(大分県由布市)産科婦人科学講座の40代の男性元講師が在籍中に発表した複数の論文に、過去に自身が発表し、掲載済みの画像やデータを新たな研究成果として使用した疑いがあるとして、大分大が調査委員会を設置したことが15日、大学関係者への取材で分かった。世界的な出版社エルゼビア(オランダ)が、過去に掲載した元講師の論文7本を「データに重大な疑義が生じた」などとして取り消していたことも判明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。