外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省が15日発表した、2011年の賃金調査によると、大卒の初任給は前年比2・3%増の20万2千円で、2年ぶりに増加した。男女計の集計を始めた01年以降、大卒初任給が20万円を上回ったのは初めて。高卒は0・8%減の15万6500円で、7年ぶりに減少。大企業と中企業で大卒初任給が増加する一方、10~99人の小企業では前年を下回り、規模が小さい企業ほど、賃金改善が遅れている実態が示された。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信